国家戦略特区 関西圏雇用労働相談センター

【QUESTION 価値創造セミナーVol.12(KECC定例セミナー併催)】2024年問題を考える 労務管理のポイントと対応策のヒント

このセミナーの申し込み受け付けは終了いたしました

開催日時
2024年01月24日(水)
17:30-19:30(17:15 受付開始)
*ハイブリッド開催
(会場もしくはZoomでご参加いただけます)

17:30-17:45
◆QUESTIONのご案内
◆京都府テレワーク推進センターのご案内
◆関西圏雇用労働相談センター(KECC)無料相談のご案内
17:45-18:30
◆第1部:時間外労働の法改正&実務対応
18:30-19:15
◆第2部:2024年問題に係る紛争事例と紛争予防の観点
19:15-19:30
◆質疑応答(事前質問にもお答えします)
会場
QUESTION 4階 Community Steps
京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町390-2
参加費
無料
定員
会場:40名

※ 起業家、経営者、人事・労務担当者などご興味のある方は、どなたでも参加可能です。

※申込方法:URLよりお申し込みください➤http://q-seminar-12.peatix.com

 

2024年問題を考える労務管理のポイントと対応策のヒント

第1部:時間外労働の法改正&実務対応

2024年問題とは、運送業や建設業など一部の業種で、時間外労働の上限規制が適用されるため、労働者の健康と安全を守る対策が求められる問題です。このセミナーでは、2024年問題への対応に必要な労務管理の方法について解説します。労働時間管理の基本、休憩・休日の確保、諸々の対応&助成金など、具体的な事例も交えてわかりやすく解説しますので、初めて労務管理に取り組む方でも安心してご参加ください。

第2部:2024年問題に係る紛争事例と紛争予防の観点

運送分野を中心に、いわゆる2024年問題(自動車運転業務、建設事業、医業の時間外労働上限規制の適用)に係る個別具体的な判例・裁判例を概観し、時間外労働の認定、待遇差合理性の認定、業務委託と労働者性の認定など、同改正施行に関して再注目されることが想定される紛争類型について、司法視点から紛争予防の観点を解説します。

《登壇者》

第1部:村橋 俊行 氏(KECC相談員)/ 特定社会保険労務士(社会保険労務士法人イデア)

第2部:石橋 駿一 氏(KECC相談員)/ 弁護士(梅田セントラル法律事務所)

 

《共催》

QUESTION

京都府テレワーク推進センター

関西圏雇用労働相談センター(KECC)